キリスト教の火葬

キリスト教の火葬と来世などの死の捉え方|聖書的死生観。教会員における火葬は、ヨーロッパでは禁忌されるのではないか?。もちろんのこと、西洋諸国のキリスト者の通例は土葬であります。

 

全ての者の甦りの日。

 

キリスト教の聖書には、今の世の終盤に漏れることなく全ての人間が復活して、最後のジャッジメントを被ると伝えられている。

 

人の一生は、公正な行いもワルいことも漏らすところなく記録されており、各々の活動に似つかわしい報酬が用意される。

 

救い主イエスさまによる救いの良き知らせを認める者は、救われて、悪い報いを受けなくて済む。

 

何故かは分かりませんが日本社会では、聖書信仰者というのはお墓参りをしないといった事実に反する偏見が広まっていますが、聖書信仰者は墓前祈祷を捧げます。

関連ページ

教会でのキリスト教葬儀にかかる費用の目安や安い葬儀屋さん案内
教会でのキリスト教葬儀にかかる費用の目安や安い葬儀屋さん案内。キリスト教徒の追悼の流れ。葬祭儀式は、先に開始の館内アナウンスと聖職者のご祈祷によって行われます。しかして、讃美歌をうたい、神さまの御ことばの口唱をしてから、パスターの解き明かしになります。
葬儀社の式場でのキリスト教葬儀のための牧師派遣|告別式の司式
葬儀社の式場でのキリスト教葬儀のための牧師派遣|告別式の司式。亭主は青年期にキリスト教主義の教育機関へと通っていて、キャンパスの中にあるチャペルでバプテスマを授与されたようです。勤めてからはプロテスタント教会に行き続けることは少ししかなかったのですが、ファミリーでX'masをお祝いすることは年次行ってきました。