キリスト教の墓石

キリスト教の墓石に刻む名前や墓誌の書き方。イスラエルという国のオリーブ山では、イエス様のセカンドカミングが来た時になるべく早くお墓の中からよみがえらされて、メシアのもとに携挙されて欲しいと、多数のクリスチャンが石棺埋葬をして備えています。こういったキリスト教の聖書の復活の予言を理由としてお墓へ骨や肉体を埋葬するということが、キリスト教信者にとっての墓標意味です。

 

 

エルサレム旧市街に、キリストの墓石だと語られている石墓をセンターにした聖墳墓教会 が建立されている。

 

ローマ皇帝のコンスタンティヌス 1世の母がエルサレム旧市街に行き、インスピレーション的な手引きがあり聖遺物(せいいぶつ)探し当て、その位置に教会堂を築いたと言い伝えられている。

 

聖墳墓(せいふんぼ)チャーチに入ると、救世主イエスさまの聖なる遺体を横たえて香しいオイルを塗ったと伝達されているピンク大理石の板がある。