プロテスタント教会での葬儀

プロテスタント教会での葬儀の喪主挨拶や弔電について。聖書信仰者葬礼での礼儀(マナー)についての通説は信用できるのか?。教会員葬式における弔花(献花)をするに当たっての礼節(マナー)について、葬別儀式作法(マナー)事典には、なんだか規定が存在するかのように説明されてしまっている現状があります。しかし、主の御ことばの中にはそのような規定は無い。

 

喪主あいさつの配慮にかけては、仏式の死生観を控えながら、キリスト教における世界観を、信者ではない参列者でも分かることばで伝えることとなります。

 

 

御弔電を読み上げる頃合い。

 

弔電につきましては、仏道の言い回しが含まれて書いているというのがすごく多くありますので、基督教弔いの只中では披露をさせていただかないことを決めているキリスト教のチャーチというのも多くあります。

 

さりとて、せっかく送ってもらったので、送り手の名称は読み上げます。

関連ページ

カトリック教会での葬儀とその後の埋葬について
カトリック教会での葬儀とその後の埋葬について。洗礼を受けた時から出席しているカトリック教会の会堂で、キリスト教信者である愛妻のキリスト教のお葬式を開催していただきたいとの願いを抱いて、基督者が運営する基督教信仰者専用の葬儀会社をコンピューターで見つけました。キリスト者が管理運営する基督教徒専用の葬儀業者ということで、頼りになると思いました。